本文へスキップ

New Japan Kickboxing Federation West

大会情報INFORMATION

NJKF 拳之会主催興行10th 〜NJKF2015 7th〜
ISKAムエタイ世界ランキング戦


2015年10月4日(日)
会場:山陽ハイツ体育館
岡山県倉敷市有城1265/TEL(086)429-1111
開場13:00 開始13:30


(写真&レポート=高崎計三)

 10月4日(日)、岡山・倉敷市山陽ハイツ体育館で、NJKF拳之会主催興行「NJKF 2015 7th」が開催された。同所では2年ぶりの開催で、拳之会主催としては10回目の記念大会となった。
 メインではISKAムエタイ世界フェザー級王者・国崇がアイルランドのISKAインターコンチネンタル王者、アラン・オー・キャラハンを迎えてのランキング戦に出陣。国崇は7月にWBCムエタイ世界王座に挑戦し敗れているが、その試合で相手の飛びヒザ蹴りを受けて肋骨を骨折。練習を再開できたのは8月半ばからで、本人も不安を抱えた中での復帰戦となった。

▼メインイベント ISKAムエタイ世界フェザー級ランキング戦 3分5R ※ヒジあり
○ 国崇(NJKF拳之会/ISKAムエタイ世界フェザー級王者)
 vs  判定3-0(49-46、49-46、49-46)
× アラン・オー・キャラハン(サイアムウォリアーズジム・アイルランド/ISKAムエタイインターコンチネンタルSライト級王者、ESUムエタイフェザー級王者)
※ISKAラウンドマスト

 長身で手足の長いキャラハンを相手に1Rから得意技の左ボディを炸裂させた国崇は、ロー、ミドルで攻めてくるキャラハンにローもたびたびヒットさせ、優位に試合を進めるかに見えた。しかし2R、遠間からのキャラハンの縦ヒジがヒットし、国崇は額をカット。ドクターチェックでのストップは免れたものの、このラウンドを落としただけでなく、以後は流血戦を強いられた。

 3R以降は長いリーチを生かして組みにきたキャラハンだが、国崇は冷静に対処しながらローを効かせ、3R終盤には左右ボディ連打でキャラハンの足を止めさせる場面も。4Rにはロー、左ボディ、右ハイ、お返しのヒジと畳みかける国崇に、キャラハンはパンチで応戦しつつミドルも叩き込む。このラウンド終了間際、国崇のファールカップが外れるアクシデントがあり、試合は一時中断。かなり息の上がっていたキャラハンに格好の休憩時間を与えることに。

 国崇は出血に顔面を真っ赤に染めながらも、5Rになってもロー、ボディを連発。特に左ボディが破裂音を立ててめり込むと、熱戦に沸く客席からはひときわ大きな歓声が起こった。キャラハンも国崇のヒジでカットし、最終的には両者が出血する激闘となった。
 判定はISKAルールのラウンドマストで採点され、ジャッジ3者とも49-46で国崇を支持。ヒジでカットした2Rのみキャラハンが取り、残りは国崇が取ったという結果だ。


 試合後の国崇は「相手は身長も高く、手足が長くてタフでやりづらかった。お客さんからすると、『国崇と言えば左ボディと飛びヒザ蹴り』というイメージがあると思うので、ボディにはこだわった」とコメント。ここ数年、ラジャダムナン、ルンピニー、ISKA、WBCムエタイとビッグタイトルに絡む試合が続いているが、「もっともっと、強いタイ人と闘いたい」と、76戦目とは思えぬ意欲的な抱負を残した。


▼セミファイナル 日本vsタイ国際戦 62kg契約 3分5R ※ヒジあり
× 階 勇弥(NJKF健心塾/NJKFライト級王者)
 vs KO 3R 3分09秒
◎ フォンルアン・シップンミー(タイ/元ルンピニースタジアムスーパーバンタム級3位、元WBCムエタイ世界同級2位、元オームノーイスタジアムバンタム級王者)

 セミでは2月にNJKFライト級王座を獲得した階勇弥が登場。元オムノーイスタジアム王者のフォンルアン・シップンミーと対戦した。

ロー、ボディで攻めた階だったが、フォンルアンは3Rに右ハイでダウンを奪う。

続けて右ヒジでダウンさせると階は立てず、フォンルアンのKO勝ちとなった。



▼第7試合 S ウェルター級 挑戦者決定トーナメント NEW JAPAN WARS II
WBCムエタイルール 3分3R 延長1R ※ヒジあり
◎ 白神武央(NJKF拳之会/NJKF Sウェルター級3位)
 vs TKO 1R 1分59秒 ※ヒジによる額カット
× 佐々木 誠(NJKF誠至会/NJKF Sウェルター級4位)
※白神が王座挑戦権獲得

 NJKFスーパーウェルター級挑戦者決定戦は、地元の白神武央が1Rに佐々木誠をヒジでカットしTKO勝利し挑戦権を獲得。3年前の初挑戦では健太に敗れて王座奪取ならなかった白神は「今日はどうしてもKOで勝ちたかった。前回は初のタイトルマッチというだけで喜んでいたところがあったが、今度は必ず勝って、倉敷にベルトを持ち帰りたい。前回とは違います」と自信を見せた。

〈以下ヒジなし〉

▼第6試合 S バンタム級 3分3R
× 安養寺柾樹(NJKF岩崎道場)
 vs 判定0-3(29-30、29-30、28-30)
○ 藤原 良(NJKF誠至会)


▼第5試合 52kg 契約 3分3R
◎ 田内文太(NJKF岩崎道場)
 vs KO 3R 1分05秒 ※ヒザ
× 西田京介(NJKF勇健塾)


▼第4試合 56.5kg 契約 3分3R
○ 小椋光人(NJKF拳之会)
 vs 判定3-0(30-29、30-29、30-29)
× 虎之助(NJKF誠輪ジム)


▼第3試合 46kg 契約 2分3R
○ めぐみ(日進会館)
 vs 判定3-0(30-28、30-28、30-28)
× 優郁(NJKF 拳之会)


▼第2試合 70kg 契約 3分3R
○ 狂狼RYU(NJKF ナックルズGYM)
 vs 判定3-0(30-29、30-28、30-28)
× RYOYA(NJKF勇健塾)


▼第1試合 S フライ級 3分3R
× 木義信(NJKF立真ジム)
 vs KO 3R 1分47秒
◎ 栄井大進(日進会館)


【NEXT LEVELアマチュアキック】

▼第2試合 -55kg 2分2R 延長1R
× 林 佑哉(空修会館)
 vs 判定0-2(19-20、19-20、20-20)
○ 小田武司(NJKF拳之会)


▼第1試合 -55kg 2分2R 延長1R
× 元山 妃織(武勇会西条支部)
 vs 判定0-3(18-20、18-20、18-20)
○ 佐野零海(NJKF拳之会)


〈チケット〉
特別リングサイド 10,000円
リングサイド 8,000円
指定 S席 7,000円
指定 A席 6,000円
指定 B席 5,000円
立見 3,000円
高校生以下/立見 2,000円
当日券(全席) 500円増し

〈お問合せ〉
FIGHT CLUB(拳之会)TEL086-426-5560
←前のページへ戻る

バナース

OFFICE

NJKF西日本大阪本部事務局
大阪府大阪市西区西本町1-6-17
西本町ビル
TEL 06-6536-7379
FAX 06-6536-7479


ぺース


連盟オフィシャルサイト









マスコミ・報道関係 各位
大会取材申請について