本文へスキップ

New Japan Kickboxing Federation West

大会情報INFORMATION

誠至会主催 NJKF2015 8th



『誠至会主催 NJKF2015 8th』
2015年11月1日(日)
高石市・アプラホール
OPEN 12:45 / START 13:00
主催 NJKF誠至会

〈写真&レポート=高崎計三〉

11月1日(日)大阪・高石市たかいしアプラホールにて、NJKF誠至会主催興行「NJKF2015 8th」が開催された。
大会のメインイベントを務めたのは、5月のNJKF後楽園大会でNJKFスーパーライト級王者となった宮島教晋。王者として初の試合でタイの元フアヒンスタジアム・ライト級王者セックサン・シッパーサックを迎えた。

▼メインイベント スーパーライト級 3分3R 肘あり
 ×宮島教晋(NJKF・誠至会/NJKFスーパーライト級王者)
  VS KO 2R 1分42秒 ※右フック
 ◎セックサン・シッパーサック(タイ/元フアヒンスタジアム ライト級王者)



1R、宮島はミドル、前蹴りを基本に攻め、セックサンはローで応戦していたが、ラウンド終了間近にセックサンの右フックが炸裂。尻餅をつくようにしてダウンを奪われた宮島は立ち上がったものの、2Rにもセックサンの右フックでダウンするとレフェリーが試合をストップ。王者となっての凱旋試合を飾ることはできなかった。



セミ以下4試では、団体を挙げて展開されている全階級トーナメント「NEW JAPAN WARS2」の公式戦が行われた。

▼セミファイナル スーパーフェザー級 挑戦者決定トーナメント NEW JAPAN WARS II 3分3R 肘あり
 ○鈴木翔也(NJKF・OGUNI-GYM/1位)
  VS 判定3-0(30-29、30-28、30-29)
 ×竜宜(NJKF・誠至会/2位)
※2.21後楽園、鈴木翔也 VS 北野克樹のタイトル戦が決定

スーパーフェザー級では1位の鈴木翔也と2位の竜宜がトーナメント決勝として激突。打ち合いに持ち込みたい竜宜に対し、鈴木は距離を制しつつ要所要所で首相撲に。ヒジや左ボディでも優位に立った鈴木が判定勝利を収めた。この結果、来年2.21後楽園ホールで、鈴木翔也 VS 北野克樹による王座決定戦が決定した。

▼第17試合 フェザー級 挑戦者決定トーナメント NEW JAPAN WARS II 3分3R 肘あり
 ○半田一覇(NJKF・誠至会/2位)
  VS 判定2-0(29-29、30-29、30-29)
 ×tatsu魅(NJKF・TEAM武心會/3位)
※半田が2.21後楽園の決勝に進出、相手は11.15後楽園 関根"gaia"朝之vs阿羅斗の勝者

フェザー級では関西で高い勝率を誇る2人が対戦。デビューから6戦全勝の半田一覇は8勝2敗のtatsu魅に2R、ヒジとボディで攻勢。3Rにtatsu魅が追い上げるも流れを覆すには至らず、半田が全勝を7に伸ばして、来年2.21後楽園ホールの決勝へと駒を進めた。決勝の相手は11.15後楽園ホール「NJKF 2015 9th」関根"gaia"朝之(OGUNI)VS 阿羅斗(E.S.G)の勝者となる。

▼第16試合 スーパーライト級 挑戦者決定トーナメント NEW JAPAN WARS II 3分3R 肘あり
 ×MA-SHI(NJKF・新日本拳法同志会/7位)
  VS 判定0-3(29-30、29-30、28―29)
 ○天野誠哉(NJKF・健心塾/8位)
※天野が2回戦進出、2.21後楽園で一輝(OGUNI)と対戦


▼第15試合 フライ級 挑戦者決定トーナメント NEW JAPAN WARS II 3分3R 肘あり
 ×和也(NJKF・東京町田金子ジム/7位)
  VS 判定0-2(28-30、29-29、27-30)
 ○山下Spankey博史(NJKF・誠至会/8位)
※山下が決勝進出、2.21後楽園で大槻直輝(OGUNI)と対戦


スーパーライト級1回戦のMA-SHI VS天野誠哉、フライ級準決勝の和也VS山下Spankey博史はどちらも組む展開が多い中、打撃で上回った天野、山下の大阪勢が勝利を収めた。天野が2回戦進出、来年2.21後楽園ホールで一輝(OGUNI)と対戦、山下は決勝進出、同じく2.21後楽園ホールで大槻直輝(OGUNI)と対戦する。
参考:NEW JAPAN WARS2トーナメント表(PDF)
http://www.njkf.info/images/main/tournament.pdf


〈引退エキシビジョンマッチ&セレモニー〉
 -中嶋平八(NJKF・誠至会/前ISKA世界ムエタイ・Sフェザー級王者、前WBCムエタイ日本統一・Sフェザー級王者、元NJKFフェザー級王者)
  VS 勝敗無し
 -国崇(NJKF・拳之会/ISKA世界ムエタイ フェザー級王者、前WBCムエタイ インターナショナル スーパーバンタム級王者、元NJKFフェザー級 バンタム級王者、元NKBバンタム級王者)

今大会では、誠至会を引っ張ってきた2選手が引退。同ジムのエースとしてISKAムエタイ世界スーパーフェザー級、WBC日本統一同級、NJKFフェザー級のベルトを獲得した中嶋平八は、スパーリングをともにしたこともある国崇とエキシビション。終盤には激しいパンチの応酬が展開された。


 -DAI(NJKF・誠至会/元NJKFウェルター級1位)
  VS 勝敗無し
 -北山高与志(BLA-FREY/元WMAF世界ウェルター王者、元J-NETWORKウェルター級王者)

そして2008年から誠至会に所属し、タイトルマッチも経験したDAIは、以前に所属したジムに入門した日からの親交がある北山高与志とエキシビション。一夜復帰となった北山と、こちらも実戦さながらのエキシビションが展開され、観客に最後の雄姿を印象づけた。

エキシビション後は両者揃っての引退セレモニーとテンカウントゴング。引退後、中嶋は保健体育の教師を目指し、またDAIは不動産の営業マンとなって、キックで得た人とのつながり、礼儀を生かして活躍していくことを誓った。



〈特別試合〉
還暦記念スーパーファイト 48kg契約 NEXT☆LEVELルール 2分2R
 ×土居順子(NJKF・誠至会)
  VS 判定0-3(19-20、19-20、19-20)
 ○守谷かほり(ノリトレング)

またこの日は、8日後に60歳の誕生日を迎える誠至会の土居順子の「還暦スーパーファイト」(アマチュアルール)も開催。プロ公式戦は未経験ながらNJKFプロライセンスも取得している土居は干支で二回り以上も下の守谷かほりを相手に果敢に挑み、判定負けを喫したものの熱い闘いぶりに場内から大きな声援を浴びていた。



▼第14試合 スーパーバンタム級 3分3R 肘あり
 ×笹木一磨(NJKF・理心塾/4位)
  VS 判定0-2(28-30、29-29、27-30)
 ○大輔(NJKF・TRASH/5位)


▼第13試合 バンタム級 3分3R 肘あり
 ○一治(NJKF・誠至会/6位)
  VS 判定3-0(30-28、30-28、30-28)
 ×中西祐介(NJKF・健心塾/元WBCムエタイ日本統一フライ級3位、元NJKFフライ級1位)


▼第12試合 スーパーライト級 3分3R 肘あり
 ×SAMUEL(NJKF・誠至会)
  VS 判定1-2(29-30、29-30、30-29)
 ○中野椋太(777GYM/全蹴拳S・ライト級王者)


▼第11試合 69kg契約 3分3R 肘あり
 ×西岡和久(NJKF・誠至会/NJKFスーパーウェルター級7位)
  VS 判定0-2(29-30、28-30、29-29)
 ○門田哲博(武勇会/INNOVATIONウェルター級4位)


▼第10試合 56.5kg契約 3分3R 肘あり
 ○殿(NJKF・心将塾/NJKFスーパーバンタム級10位)
  VS 判定3-0(30-28、30-29、30-28)
 ×トカレフ・ミチオ(直心会/INNOVATIONフェザー級9位)


▼第9試合 60kg契約 3分3R
 ○KAZUYA(NJKF・誠至会)
  VS 判定3-0(29-28、29-27、29-28)
 ×郁弥(真我館)
※KAZUYA、計量オーバーにより減点1およびグローブハンデ


▼第8試合 52kg契約 3分3R
 ◎玖村将史(NJKF・拳聖会)
  VS KO 1R 2分41秒 ※左ミドル
 ×帝士(NJKF・立真ジム)


▼第7試合 フェザー級 3分3R
 ○小椋光人(NJKF・拳之会)
  VS 判定3-0(30-27、29-27、30-27)
 ×谷元聖也(777GYM)


▼第6試合 58kg契約 3分3R
 ○福角和博(NJKF・健心塾)
  VS 判定3-0(30-28、30-28、30-27)
 ×ノゲイラSHINYA(NJKF・ナックルズGYM)


▼第5試合 バンタム級 3分3R
 ×西田京介(NJKF・勇健塾)   
  VS TKO 3R 0分53秒 ※左ミドル
 ◎市村大斗(多田ジム)


▼第4試合 58kg契約 3分3R
 ◎佐藤亮(NJKF・聖心會)
  VS KO 1R 1分35秒 ※3ダウン(ヒザ)
 ×大成権和志(NJKF・立真ジム)


▼第3試合 58kg 契約 3分3R
 ○翔人(NJKF・理心塾)
  VS 判定3-0(30-26、30-25、30-25)
 ×元山祐希(武勇会)


▼第2試合 53kg契約 3分3R
 ×関本鷹介(Warrior Osaka)
  VS 判定0-3(27-30、28-30、28-30)
 ○多根嘉帆(直心会)


▼第1試合 54.3kg契約 2分3R
 ×麻衣(NJKF・TEAM武心會)
  VS 判定0-3(26-30、27-30、26-30)
 ○真央(M-FACTORY)

〈チケット〉
VIP席 20,000円/SRS席 10,000円/RS席 8,000円
指定席A 6,000円/指定席B 5,000円
立見券 4,500円(当日1,000円UP)

〈お問合せ・チケット販売〉
NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379
出場選手所属ジム
←前のページへ戻る

バナース

OFFICE

NJKF西日本大阪本部事務局
大阪府大阪市西区西本町1-6-17
西本町ビル
TEL 06-6536-7379
FAX 06-6536-7479


ぺース


連盟オフィシャルサイト









マスコミ・報道関係 各位
大会取材申請について