本文へスキップ

New Japan Kickboxing Federation West

大会情報INFORMATION

NJKF拳之会主催興行11th 〜NJKF2016 3rd〜



『NJKF拳之会主催興行11th 〜NJKF2016 3rd〜』
2016年6月12日(日)
OPEN 13:00 / START 13:30
岡山県倉敷市・山陽ハイツ体育館

〈写真&レポート:高崎計三〉

6月12日(日)、岡山県倉敷市・山陽ハイツ体育館にてNJKF・拳之会主催興行「NJKF2016 3rd」が開催された。
毎年恒例となっている拳之会興行、今回のメインは国崇の保持するISKAムエタイ世界フェザー級王座の防衛戦。国崇は13年9月に大阪で同級の暫定王座を獲得。その後、当時の正規王者が防衛戦を行えなかったため、半年後の14年3月に正規王者として認定された。今回はその初防衛戦にあたる。

挑戦者は同級世界5位でISKAムエタイ・ベルギー王者でもあるヤッシーン・モゥタチ。21歳の若さで43戦のキャリアを持ち、すでにヨーロッパでいくつもの王座を獲得しているファイターだ。

 試合が始まると、まず超満員の観客の目を引いたのはヤッシーンのアグレッシブな攻撃。スピーディーに距離を詰め、ヒジやバックブローをダイナミックに繰り出してくる。ただの大振りではなく、「当たれば危ない」という可能性を予感させる攻めに、場内が沸く。
 しかし王者・国崇は冷静にヤッシーンの動きを見切り、それらの攻撃をかわしてはカウンターのヒジやローをヒットさせて応戦。1R中にはハイキックもヒットした上に、後半には左ヒジでダウンを奪うことに成功。ダメージはそれほどでもなかったようで、ヤッシーンはすぐに立ち上がり「効いてない」とアピール。国崇はそんなヤッシーンに得意技の左ボディも打ち込んでいく。

 2Rもヤッシーンはアグレッシブに前進。2回転ハイキックなどを繰り出し、ハイや顔面への前蹴り、パンチをヒットする場面も。ヤッシーンの猛攻に引っ張られるように国崇もギアを上げ、バックヒジなどを繰り出していく。ラウンド中盤からはローと左ボディがヒットしてヤッシーンの動きがやや減速。

 そして3R、国崇はミドルとボディでヤッシーンを追い詰めていく。ローも確実に効いており、手数が明らかに減ったヤッシーンをコーナーに詰めると左ボディ一閃。これでうずくまるようにダウンしたヤッシーンはそのまま立ち上がることができず、国崇のKO勝ちとなった。
 地元で初の世界タイトルマッチ、初防衛戦、さらにセミ前から拳之会の選手たちが連続KO勝利していたこともあって「プレッシャーがすごかった」という国崇だが、戦前の予告通り「相手がガンガン出てきても、グチャグチャになってもいいから攻める」というプランを冷静沈着に遂行し勝利を獲得。デビューから16年、この試合で80戦目を終えた豊富なキャリアの持ち主だが、「やめることはまだ全然考えてない。まだまだ強いヤツとやっていくだけ」と、いつも通り飄々とコメントした。


▼メインイベント ISKAムエタイ世界フェザー級タイトルマッチ(国崇初防衛戦)3分5R ※ヒジあり
◎国崇(NJKF拳之会/ISKAムエタイ世界フェザー級王者、元WBCムエタイ インターナショナル スーパーバンタム級王者)
  VS KO 3R 2分10秒 ※左ボディ
×"The Mout" ヤッシーン・モゥタチ(ナイトジム・ベルギー/ISKAムエタイ世界フェザー級5位、ISKAムエタイベルギー王者、IKFムエタイヨーロッパ王者)
※国崇が初防衛に成功


 セミは、これも倉敷では初開催となるWBCムエタイ日本統一王座戦。今年2月にNJKFスーパーウェルター級王座を獲得した白神武央が、ジャパン・キックボクシング・イノベーション前同級王者のメリケン雄人を迎えて同級王座決定戦に挑んだ。
 NJKF王座戦もKOで決めて波に乗っている白神は1R、早い段階から勝負を仕掛け、テンカオやヒジをヒットさせると左のパンチでダウンを奪う。メリケンはそのまま起き上がることができず、わずか81秒で白神の勝利が決まった。
「こんなに早く決まるとは思ってなかった」という白神は、腰に巻かれた緑のベルトもさることながら「国崇さんのように、ISKA世界のベルトにも挑戦したい」と貪欲な姿勢を見せた。


▼セミファイナル WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王座決定戦 3分5R ※ヒジあり
◎白神武央(NJKF拳之会/NJKF同級王者)
  VS TKO 1R 1分21秒 ※右ストレート
×メリケン雄人(契明ジム/JKI同級王者)
※白神が新王者に


 セミ前の第6試合には同じく拳之会所属のNJKFフェザー級5位・小椋光人が登場。初のヒジあり5回戦となるNJKFスーパーバンタム級9位・安養寺柾樹との一戦は、リーチで勝る安養寺の攻略に苦しんだものの、4R終了間際に左ハイを炸裂させ、KO勝利。その後の白神・国崇のタイトルマッチにつなぎ、また自身のキャリアの上でも大きな勝利となった。

▼第6試合 NJKF 56.5kg契約 3分5R ※ヒジあり
◎小椋光人(NJKF拳之会/NJKFフェザー級7位)
  VS TKO 4R 3分07秒 ※左ハイ
×安養寺柾樹(NJKF岩崎道場/NJKFスーパーバンタム級11位)


■スペシャルイベントT PRO-KARATEDO連盟「達人!」提供試合
PRO-KARATEDO連盟日本フェザー級達人王座決定戦
△橋拓也(NJKF拳之会/元NJKFフライ級王者)
VS 引分け
△KAZUHO(RICEGATE)


■スペシャルイベントU 少林寺拳法演武
岡山県少林寺拳法連盟公認デモンストレーションチームによる演武


▼第5試合 NJKF 56.5kg契約 アグレッシブマッチ 3分3R 延長1R ※ヒジあり
×大輔(NJKF TRASH/NJKFスーパーバンタム級3位)
  VS 判定0-3(29-30、29-30、28-30)
○藤原 良(NJKF誠至会/NJKFスーパーバンタム級9位)


▼第4試合 63kg契約 アグレッシブマッチ 3分3R 延長1R ※ヒジあり
○MA-SHI(NJKF新日本拳法同志会/NJKFスーパーライト級6位)
 VS 判定3-0(三者とも30-28)
×一貴(日進会館/MA日本スーパーライト級8位)


▼第3試合 勝山舞子引退試合 スーパーフライ級 2分3R
×勝山舞子(NJKF拳之会)
 VS 判定0-3(三者とも29-30)
○三宅芳美(NJKF Take-1)


▼第2試合 54kg契約 3分3R
◎西田京介(NJKF勇健塾)
 VS KO 1R 2分57秒 ※右ストレート、3ダウン
×砂田昌宏(K-MAX)


▼第1試合 53kg契約 3分3R
△木義信(NJKF立真ジム)
 VS 判定0-0(三者とも29-29)
△栄井大進(日進会館)



【オープニングファイト】
NEXT☆LEVEL(アマチュア)

▼第2試合 61kg 3分2R 延長1R
○池田 剛(空修会館)
 VS 判定2-0(20-19、19-19、20-19)
×小田武司(NJKF拳之会)


▼第1試合 55kg 2分2R 延長1R
×高田有里(ノリトレング)
 VS 判定0-3(三者とも19-20)
○佐野零海(NJKF拳之会)


〈チケット〉
特別リングサイド席 10,000円
リングサイド席 8,000円
指定S席 7,000円
指定A席 6,000円
指定B席 5,000円
立見 3,000円
高校生以下/立見 2,000円
※当日販売券(全席)500円増し

〈チケットお問合せ〉
FIGHT CLUB 電話086-426-5560(拳之会事務局)
出場選手所属ジム
←前のページへ戻る

バナース

OFFICE

NJKF西日本大阪本部事務局
大阪府大阪市西区西本町1-6-17
西本町ビル
TEL 06-6536-7379
FAX 06-6536-7479


ぺース


連盟オフィシャルサイト









マスコミ・報道関係 各位
大会取材申請について