本文へスキップ

New Japan Kickboxing Federation West

大会情報INFORMATION

NJKF拳之会主催興行12th
〜NJKF 2017 west 2nd〜



NJKF拳之会主催興行12th
〜NJKF 2017 west 2nd〜

2017年4月16日(日)
岡山・山陽ハイツ体育館
OPEN 13:00 / START 13:30

 4月16日(日)、岡山・倉敷市山陽ハイツ体育館で、NJKF拳之会主催興行「NJKF 2017 WEST 2nd」が開催された。メインは前年に続き、拳之会のエース・国崇がISKAムエタイ世界フェザー級王座の防衛戦。ただ今年は空位のWKAムエタイ世界フェザー級王座もこの試合に懸けられ、日本初のISKA・WKAダブルタイトルマッチという豪華なカードが実現した。(写真&レポート:高崎計三)

 ISKA本部からの指名試合という形で国崇への挑戦者としてイタリアから来日したのは、同級8位のアレキサンダー・ルーポ(25戦15勝10敗・5KO)。ルーポはWKAムエタイ世界同級4位にもランクインしており、WKA本部の公認を得て同王座も懸けられることとなった(試合はWKA本部も承認の上で、ISKAルールで行われた)。


 1R、アグレッシブなファイトスタイルから「パルマの狼」と異名を取るルーポに対し、国崇は序盤からローを中心に前進し、早い段階からコーナーに詰めると得意の左ボディを放つ。ルーポは脱出するとローを出しつつヒジやテンカオを出して反撃を図る。またボディを返す場面も。ラウンド終盤には再び国崇が詰め、ラッシュをかける。


 2Rに入るとバックヒジなども繰り出してくるルーポに対し、国崇の左ヒジがクリーンヒット。さらにローを入れるとルーポの体が大きく傾き、すかさず国崇は飛びヒザからラッシュをかける。ルーポも反撃に出るが先ほどのヒジで左目上をカットしており、ほどなくしてドクターチェックに。続行不可能と判断され、レフェリーが試合をストップ。国崇がTKO勝ちを果たした。


 負ければ丸腰というハイリスクな闘いを見事に制した国崇は、戻ってきたISKAのベルトを腰に、新たに獲得したWKAのベルトを肩にかけて歓喜の表情。リング上のインタビューでは「来月で37歳になっちゃうんですけど、まだまだいけるんじゃないかって、今日の試合で思えました」とコメント。さらに世界2冠王となった勢いを駆って「WBCムエタイの世界王座も狙いたい」と、快挙に満足することなく貪欲に次の目標を掲げた。


 リングを下りると地元ファンの記念撮影攻めにあった国崇は、「2月に1RKOで決めたスペンサー・テー戦みたいに自分のいいところを出すような勝ち方をしたかったけど、ちょっと固かったですね。ダブルタイトル戦のプレッシャーがちょっとあったかも」と反省の弁。「相手がヒジを出してきたので危ないかなとも思ったけど、ガードの上から打ったボディには手応えがありました。ヒジで切ったあと、ローも効かせたんですけど変に詰めたのでダウンのタイミングがなくなって、相手もまた元気になって盛り上げてしまいました(笑)」と笑顔も交えて試合を振り返った。

 今回で12回目を数える拳之会主催大会だが、国崇はこれまで9試合に出場している。特に2012年以後はタイやヨーロッパの強豪を相手に、常にメインでランキング戦やタイトルマッチを闘っているが、いまだ主催興行では全勝中。地元でのプレッシャーもかかる舞台だが、「自分もスタッフとして動いて、会長やジムの人たち、他にもいろんな人たちが大会に向けて本当に大変な思いをしているのを知っているので、だからこそ負けられないんじゃないですかね」とその理由を語った。これで83戦目を終えたが、「100戦目まではやります」と意気込んだ。

▼メインイベント ISKA&WKAムエタイ世界フェザー級ダブルタイトルマッチ 3分5R ※ヒジあり
 ◎国崇(NJKF拳之会/ISKAムエタイ世界同級王者)
  VS TKO 2R 2分03秒 ※レフェリーストップ(肘による右眉上カット)
 ×アレキサンダー・ルーポ(イタリア/セコンドアウトジム/WKAムエタイ世界同級4位、ISKAムエタイ世界同級8位)

国崇がISKA防衛に加えWKAの二冠達成

 ダブルセミファイナル2では、昨年の同所での大会でWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者となった白神武央が初の国際戦。ルーポと同門でISKA EUウェルター級4位のアレッシオ・アドゥイーニをISKA世界ランキング戦で迎え撃った。白神は序盤、鋭い動きを見せていたアドゥイーニにボディストレートなどを入れながらロープ際に追い込むと、連打を叩き込んで左ストレートでダウンを奪う。アドゥイーニは起き上がれず、カウント途中でレフェリーがストップ。秒殺勝利で会場を沸かせた。「出来過ぎ。左は気持ちよく入った」と勝利を喜んだ白神は、「来年はここのメインで世界戦をやりたい」とぶち上げた。

▼ダブルセミファイナルU 日本vsイタリア国際戦 70kg契約 3分5R ※ヒジあり
 ◎白神武央(NJKF拳之会/WBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級王者)
  VS TKO 1R 2分05秒 ※左ストレート
 ×アレッシオ・アドゥイーニ(イタリア/セコンドアウトジム/ISKA ヨーロッパウェルター級4位、IKBF EU同級王者、WMC & EML同級イタリア王者)


 ダブルセミファイナル1には大阪からNJKFライト級王者・階勇弥が登場。元MAスーパーライト級5位の矢野浩司を相手に、煽りVで「見てほしい」と語っていた左ミドルを序盤から何度もヒットさせてペースを掴むと、2Rにはパンチとヒジの連打で矢野の顔面をカット。矢野もローやパンチで反撃するが、階は4Rに再びラッシュからの左ヒジで矢野を倒し、KO勝ちを飾った。

▼ダブルセミファイナル l 63kg契約 3分5R ※ヒジあり
 ◎階 勇弥(NJKF健心塾/NJKFライト級王者)
  VS KO 4R 2分10秒
 ×矢野浩司(OZMOSIS/元MA日本キックスーパーライト級5位)


 第7試合ではNJKF MINERVAライトフライ級タイトルマッチが行われ、王者・白築杏奈が4度目の対戦となる美保を相手に防衛戦。左右のパンチで出る美保を捕らえて何度もヒザ蹴りの連打を浴びせた白築が判定勝利し、このカード3勝目をマークするとともに初防衛に成功した。勝った白築は「憧れてきた田嶋はる選手と!」と対戦希望を表明した。


▼第7試合 Minerva ライトフライ級タイトルマッチ 3分3R
 ○白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB/王者)
  VS 判定3-0(三者とも30-28)
 ×美保(KFG URAWA/挑戦者)

白築が初防衛に成功

▼第6試合 58kg 契約 3分5R ※ヒジあり
 ○小椋光人(NJKF拳之会/NJKFフェザー級5位)
  VS 判定3-0(48-47、49‐47、48-46)
 ×佐藤 亮(NJKF健心塾/NJKFスーパーフェザー級9位)


▼第5試合 スーパーバンタム級 アグレッシブマッチ 3分3R+ex ※ヒジあり
 ○藤原 良(NJKF誠至会/スーパーバンタム級3位)
  VS 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
 ×西田京介(NJKF勇健塾/バンタム級10位)


▼第4試合 70kg 契約 3分3R
 ×☆HIRO☆(VERSUS)
  VS 1R 2分12秒 ※左ストレート
 ◎RYOYA(NJKF勇健塾)


▼第3試合 63kg 契約 3分3R
 ×MASATO(NJKF新日本拳法同志会)
  VS 判定0-3(29-30、28-30、27-30)
 ○岩川怜聖(空修会館)


▼第2試合 52kg 契約 3分3R
 ×木義信(NJKF立真ジム)
  VS 判定0-3(28-30、28-30、27-30)
 ○池上侑李(NJKF岩崎道場)


▼第1試合 スーパーバンタム級 3分3R
 ×砂田昌宏(K-MAX)
  VS 判定0-3(三者とも26-30)
 ○小田武司(NJKF拳之会)



〈オープニングファイト〉
NEXT LEVELアマチュアキック
▼55kg 2 分2R+ex1
 ○向井夢月(NJKF健心塾)
  VS 判定3-0(20-18、20-18、20-19)
 ×佐野零海(NJKF拳之会)
〈チケット料金〉
特別リングサイド 10,000円
リングサイド 8,000円
指定S席 7,000円
指定A席 6,000円
指定B席 5,000円
立見 3,000円
高校生以下/立見 2,000円
※当日券は全席500円増し

〈チケット販売〉
FIGHT CLUB 電話086-426-5560
または、出場選手所属ジム

〈お問合せ〉
FIGHT CLUB 電話086-426-5560

〈主催〉
ニュージャパンキックボクシング連盟 拳之会 ファイトプランニング
http://kobushi.no.coocan.jp/
←前のページへ戻る

バナース

OFFICE

NJKF西日本大阪本部事務局
大阪府大阪市西区西本町1-6-17
西本町ビル
TEL 06-6536-7379
FAX 06-6536-7479


ぺース


連盟オフィシャルサイト









マスコミ・報道関係 各位
大会取材申請について