3.22大阪 NJKF 2020 west 3rd 結果


(文・撮影:細田ヒロシ)

 3月22日(日)、大阪市旭区民センターにて、NJKF・誠至会主催興行「NJKF 2020 west 3rd」が開催された。1月に続き、早くも今年2回目となる大阪大会は、新型コロナウイルスの影響でメインの出場選手が二転三転するという事態に見舞われたものの、そんな中でも二冠王・北野克樹が衝撃的なKO勝利を決めて大会を締めた。


▼メインイベント 国際戦 65kg契約 3分3R※ヒジあり

◎北野克樹(NJKF誠至会/WBC日本統一スーパーライト級王者、ICO認定インターコンチネンタルスーパーライト級王者)

 vs TKO 2R 15秒

×チャンプアレック・ソートー・タノンシーバンプー(タイ)


1R、北野とチャンプアレック、互いにオーソドックスの構えから右ローを軽く蹴っていく。コーナーにチャンプアレックを追い込んだ北野は回し蹴りでボディへダメージと意識をそらす。ロープを背にリングを回るチャンプアレック、一方の北野はそのチャンプアレックをリング中央から追いかけるようにプレッシャーをかける。互いにミドル、ローを蹴るがそれぞれスウェーでかわして様子を伺うような展開。

2R開始早々、北野が右の回し蹴り! 1Rの印象があったかボディをかばったチャンプアレックの顎を北野の回し蹴りが直撃! チャンプアレックはロープの隙間に座り込むようにして失神し、間一髪リング外への転落を免れたがしばらく意識が戻らない大ダメージを負った。


 試合後、マイクを握った北野。「今日はお忙しいなか応援に来ていただきありがとうございます。コロナウイルスの影響で対戦相手が変わってタイの選手に受けていただけたことで試合をできて感謝しています。これからもっと強い選手とやって世界に向けて頑張っていこうと思うので応援よろしくお願いします」とファンへ感謝と更なる飛躍を誓った。


北野コメント

──試合の感想は。

「ホッとしています」

──相手の印象は。

「相手の選手は組みが強いという印象がありました。でもほかは試合の中でもいけるかなって、でも油断せず隙を見て倒しに行こうと考えていました」

──最後の蹴りは?

「作戦の一つでありました。得意の蹴りで。僕は空手がベースなので。たまたま良いのが入りました」

──事前から狙っていた?

「練習でもトレーニングしている中で出している技なので試合でも出ました」

──対戦相手の変更等、取り組みは

「モチベーションを保つのが大変で。でもプロなんだという意識を持って頑張って来ました」

──今後について

「WBCムエタイの日本統一のベルトは防衛したので、次はインターナショナルに挑戦してWBCの世界へ挑戦したいです」



▼セミファイナル 交流戦 58kg契約 3分3R※ヒジあり

○松本龍斗(NJKF京都野口ジム/NJKFフェザー級王者)

 vs 判定3-0(29-28、30-28、30-28)

×伊仙町典久(BLA-FREY/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)


1R、サウスポーの伊仙町が小刻みなステップから左右のローで松本の左足を攻める。前に出る松本はオーソドックスの構えから左ミドルで圧力をかける。ともに蹴り合いでペースを伺う中、ラウンド終了間際に松本が右の縦ヒジで伊仙町の額を切りにかかったが組んだところですぐさまゴング。

2R、変わらずローから組み立てる伊仙町に対し、距離を詰めて首相撲の展開へ持ち込む松本。ローとミドルの蹴り合いから首相撲、ロープにもつれてブレイクの展開が続く。間合いが近づくとワンツーで攻める松本だが、伊仙町はうまくいなす。お互いに大きなダメージが見られないままラウンド終了。この時点のオープンスコアでジャッジ3名が20-19で松本を支持。

3R、ジャッジを受けてかこれまでの戦い方から打って変わり前に出てプレッシャーをかける伊仙町。距離が詰まり、組んできた伊仙町へフックで迎え打つ松本。パンチで突っ込み組みに行く伊仙町だが、松本はそこから展開を作らせないように組んでブレイクを待つ。残り10秒のところで伊仙町がなりふり構わずパンチを振るって松本を追い詰めるが決定打はない。全ラウンドを通して伊仙町の良さを封じた松本がNJKF王者の貫禄を見せつけた。

 第7試合のウェルター級次期挑戦者決定トーナメント1回戦では、同級4位の洋輔YAMATOが6位の龍威地を判定で下し、決勝進出。1週間前の岡山大会で勝利した佐野克海と、王座決定戦で激突することが決定した。第6試合のスーパーバンタム級次期挑戦者決定トーナメント1回戦では5位の泉丈成が延長判定で6位の甲斐元太郎を下し、こちらも決勝に駒を進めた。

 また、入場のダンスと果敢な攻めで場内を沸かせていた殿(心将塾)が引退。1週間前にスウェーデン人選手から勝利を収めたばかりの国崇(拳之会)を相手に引退エキシビションを行った。元NJKFスーパーフェザー級王者の大輔が特別レフェリーを務める中、殿は右ストレート、国崇は左ボディと互いの得意技を繰り出し合った。



▼第7試合 ウェルター級 次期挑戦者決定トーナメント1回戦 3分3R+ex1※ヒジあり

○洋輔YAMATO(NJKF大和ジム/NJKFウェルター級4位)

 vs 判定3-0(三者とも30-28)

×龍威地(NJKF ARENA/NJKFウェルター級6位)


▼第6試合 スーパーバンタム級 次期挑戦者決定トーナメント1回戦 3分3R+ex1※ヒジあり

○泉丈成(NJKF誠至会/NJKFスーパーバンタム級5位)

 vs 延長判定3-0(10-9、10-9、10-9)本戦判定1-1(30-29、28-30、29-29)

×甲斐元太郎(NJKF理心塾/NJKFスーパーバンタム級6位)


▼第5試合 スーパーフェザー級 3分3R+ex1※ヒジあり

○HIRO YAMATO(NJKF大和ジム/NJKFスーパーフェザー級3位)

 vs 判定3-0(三者とも30-28)

×佐藤亮(NJKF健心塾/NJKFフェザー級5位)


▼第4試合 日泰交流戦 62kg契約 3分3R※ヒジあり

○TONG SEISHIKAI(タイ/NJKF誠至会)

 vs 判定3-0(30-29、30-29、30-28)

×桜華(道場絆)


▼第3試合 54.5kg契約 3分3R

×龍城(NJKF Regulus)

 vs 判定0-3(27-30、28-30、27-30)

○翔太YAMATO(NJKF大和ジム)


▼第2試合 56kg契約 3分3R

×福田優斗(NJKF田頭道場)

 vs TKO 1R 53秒

◎麗聖(team Bonds)


▼第1試合 交流戦 フェザー級3分3R

×西尾仁徳(NJKF拳心會館)

 vs TKO 3R 2分47秒

◎有木拓未(Menace Fight Club)




<オープニングファイト>

NEXT☆LEVEL提供試合~関西タイトルマッチTOP☆RUN~


▼TOP☆RUN -50kgタイトルマッチ 1分30秒3R

△松本愛斗(月心会チーム侍/王者)

 vs ドロー1-1(30-29、28-30、29-29)

△原田翔貴(NJKF拳心會舘/挑戦者)

松本愛斗が50kgタイトル防衛に成功


▼TOP☆RUN -55kg王座決定戦 1分30秒3R延長1R

○橋廣瀧蔵(ロイヤルキングス)

 vs 判定3-0(29-28、29-28、30-27)

×米悠太(武心會)

橋廣龍蔵が55kg級王者に


▼TOP☆RUN -45kg王座決定戦 1分30秒3R延長1R

○山崎天輔(真門teamsol)

 vs 判定2-1(30-28、28-29、30-28)

×井上大和(NJKF闘拳塾)

山崎天輔が45kg級王者に


▼TOP☆RUN-40kg王座決定戦1分30秒3R延長1R

○大野心寿(MONSTERJAPAN)

 vs 判定2-0(30-28、29-29、29-28)

×和田祐翔(一心会)

大野心寿が40kg級王者に


▼TOP☆RUN -35kg王座決定戦 1分30秒3R延長1R

○山田貴紀(山口道場)

 vs 延長判定2-1(10-9、9-10、10-9)本戦判定(3者とも29-29)

×岩井大地(真門伊藤道場)

山田貴紀が35kg級王者に


▼TOP☆RUN -30kg王座決定戦 1分30秒3R延長1R

×島田晋作(二刃会)

 vs 判定0-3(3者とも28-30)

○藤尾陸斗(ロイヤルキングス)

藤尾陸斗が30kg級王者に




NJKF 2020 west 3rd

2020年3月22日(日)
開場13:00 / 開始13:15

会場 大阪市旭区民センター 大ホール

大阪府大阪市旭区中宮1丁目11-14


〈チケット料金〉

VIP席 20,000円

SRS席 10,000円

RS席 8,000円

指定席 6,000円

※当日券は全席1000円UP


〈チケット販売〉

NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379

出場選手または所属ジム


〈主催〉

NJKF誠至会プロフェッショナル


〈認定〉

ニュージャパンキックボクシング連盟


〈問い合わせ〉

NJKF西日本 http://www.njkf-west.info

NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379

0コメント

  • 1000 / 1000